ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 四條畷市新型コロナウイルス予防接種(ワクチン接種) > 新型コロナウイルスワクチンの副反応について

本文

新型コロナウイルスワクチンの副反応について

1

新型コロナウイルスワクチンの副反応について

新型コロナウイルワクチンの副反応について

 新型コロナウイルスワクチンに関わらず、一般的にワクチン接種後は、接種部位の腫れ・痛み、発熱、頭痛などの副反応が起こることがあります。治療を要したり、障がいが残るほどの重度のものは、極めて稀ではあるものの、何らかの副反応が起こる可能性を無くすことはできません。日本への供給を計画している海外の新型コロナウイルスワクチンは、接種部位の痛みや頭痛、倦怠感、筋肉痛などが報告されています。
 なお、一般的にワクチン接種では、救済制度が設けられており、救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障がいが残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。新型コロナウイルスワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

 詳しくは、厚生労働省のホームページ<外部リンク>を確認してください。また、ワクチン接種に関する不安等については、かかりつけ医や大阪府のコールセンター<外部リンク>または、大阪府AIチャットボット相談受付<外部リンク>に事前に相談してください。

新型コロナワクチンについてのQ&A<外部リンク>

 

新型コロナウイルスワクチンについて」はこちらよりご確認ください。

 

接種後に副反応が現れたときは

 接種後に気になる症状が現れた場合は、接種した医療機関やかかりつけ医、または大阪府新型コロナウイルスワクチンに関する相談窓口までご相談ください。ひどい痛み・腫れ・高熱など重い症状と思われる場合は、医師の診察を受けてください。

個別医療機関で接種した人 ▶ 接種した医療機関やかかりつけ医に相談 ※接種した医療機関やかかりつけ医が夜間や休診でつながらない場合は、下記にご相談ください。

集団接種会場で接種した人 ▶ かかりつけ医または、大阪府新型異なウイルスワクチンに関する相談窓口(下記参照)

大阪府 新型コロナウイルスワクチンに関する相談窓口

医学的知見が必要な専門的な相談など

大阪府 新型コロナウイルスワクチンに関する相談窓口

Tel 0570(012)336ナビダイヤルまたは 06(6635)2047

24時間対応(土・日・祝日含む) 

問い合わせ例・ワクチンは有効なのか、安全なのか     

      ・接種後3日たっても腫れているが医療機関を受診した方がよいか など

聴覚障がいのある人はFAXにてご相談ください。

FAX 06(6641)0072

大阪府ホームページ<外部リンク><外部リンク>

大阪府AIチャットボット相談受付<外部リンク><外部リンク>

 

新型コロナウイルス感染症の関連リンク

新型コロナウイルス感染症に関する情報