ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 四條畷市新型コロナウイルス予防接種(ワクチン接種) > 新型コロナウイルスワクチンについてのQ&A(4月9日時点)

本文

新型コロナウイルスワクチンについてのQ&A(4月9日時点)

新型コロナウイルスワクチンについてのQ&A

Q1 ワクチンについて

Q1-1 ワクチン接種は義務ですか。

 新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種は、強制ではありません。接種に関してはご自身で判断いただき、接種を受ける際は本人の同意がある場合に限り接種が行われます。

Q1-2 ワクチンの種類は選べますか。

 接種を受ける時期に供給されているワクチンを接種することになり、高齢者については「ファイザー社」のワクチンとなります。
 

Q2 接種回数

Q2-1 ワクチンの接種回数を知りたい。

 2回接種となります。ファイザー社のワクチンでは、1回目から20日の間隔をあけて2回目の接種をします。

Q3 接種場所

Q3-1 どこで受けられますか。

 原則は、住民票所在地の市町村での接種となります。四條畷市では、高齢者については集団接種会場(四條畷市立保健センター、グリーンホール田原)のほか、市内で接種を受けていただける医療機関を調整中です。接種が可能な医療機関の一覧は、接種券を送付するときに同封します。

Q4 接種費用

Q4-1 接種費用はいくらかかりますか。

 全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

Q5 接種券

Q5-1 接種券はいつ届きますか。

 接種券の発送についてはこちらをご確認ください。

Q6 副反応

Q6-1 副反応にはどのようなものがありますか​

 頻度は稀ですが、急性のものは、注射液の成分への急激なアレルギー反応(いわゆるアナフィラキシーショック)などが起こる可能性があります。

 また、接種部位の腫れ、痛み、発熱や全身の倦怠感(だるさ)、筋肉痛様の症状が、数時間後から数日後に現れることがあります。

 新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

Q6-2 副反応が出たらどうしたらよいですか。

 急性の副反応に対応できるよう、接種後15分から30分程度は接種した医療機関や会場にて経過観察をしていただきます。
帰宅後に気になる症状が現れた場合は、接種した医療機関、または大阪府新型コロナウイルスワクチンに関する相談窓口にご相談ください。

※ 集団接種会場や大規模接種センターで接種を受けられた場合は、下記大阪府新型コロナウイルスワクチンに関する相談窓口​までご相談ください

副反応に関する相談​(大阪府新型コロナウイルスワクチンに関する相談窓口)
0570(012)366
※ 24時間対応(土・日・祝日含む)​
※ 通話料がかかります

Q7 ワクチン接種の予約

Q7-1 ワクチン接種は予約制ですか。

 事前予約制です。

 予約方法は、広報誌またはホームページ内の「予約方法について」をご確認ください。

Q8 住所地外接種

Q8-1 入院(または施設に入所)中ですが、病院(施設)での接種は可能ですか。

 入院・入所中の人は、市町村への住所地外申請をせずに、入院(入所)先でのワクチン接種が可能です。

Q8-2 基礎疾患があるため、市外の医療機関での接種は可能ですか。

 基礎疾患がある人は、市町村への住所地外申請をせずに、住所地外の医療機関でのワクチン接種が可能です。該当する基礎疾患については、接種券に同封する説明書をお読みいただき、主治医の先生とよくご相談ください。

Q8-3 単身赴任中であるため、住民票所在地以外でのワクチン接種は可能ですか。

 原則は住民票所在地での接種となります。単身赴任、下宿、里帰り中などで本市での接種を希望されるは場合は住所地外での接種となるため、接種前に市への住所地外申請が必要です。

 接種券は住民票所在地に送付されるため、事情のある方は市にご相談ください。

 

外部リンク

新型コロナウイルスワクチンの接種についてのお知らせ(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

新型コロナウイルスワクチンについてのQ&A<外部リンク>

 

新型コロナウイルス感染症の関連リンク

新型コロナウイルス感染症に関する情報