ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 分類でさがす > 市政情報 > 歴史・文化財 > 文化財・史跡 > 文化財・史跡 > 第36回特別展 「天下の支配者」三好殿―考古学からみた天下人三好長慶の軌跡と飯盛城―
トップ > 分類でさがす > くらし > 文化・スポーツ・識字 > 文化財・史跡 > 文化財・史跡 > 第36回特別展 「天下の支配者」三好殿―考古学からみた天下人三好長慶の軌跡と飯盛城―

本文

第36回特別展 「天下の支配者」三好殿―考古学からみた天下人三好長慶の軌跡と飯盛城―

三好長慶生誕500周年記念プレイベント

三好殿のイメージイラスト

とき  10月5日(火曜日)~12月12日(日曜日)

ところ  歴史民俗資料館

費用  無料

内容
  四條畷市と大東市にまたがる飯盛城跡は、戦国時代に三好長慶が居城とした近畿地方有数の規模を誇る城跡です。長慶は室町幕府13代将軍足利義輝を京都から追放し、政治の実権を握った武将で、同時代のキリスト教宣教師の文献などに「天下を治めていた」、「天下の支配者」として登場し、近年、織田信長に先駆ける最初の天下人と評価されています。
  飯盛城跡では、近年の調査で石垣を全面的に用いた初期の城であること、大規模な造成を行っていることが判明し、塼(せん)を用いた建物跡が検出されるなど、長慶がその重要性を認識し拠点を置いた山城の全容が徐々に明らかになってきています。
  この展示では、主に考古学的な資料から、三好長慶が天下人へと至る軌跡を追い、戦国時代史における飯盛城跡の意義について考えたいと思います。

無料配布  カラ―冊子(図録)

問い合わせ 歴史民俗資料館

臨時休館  10月4日(月曜日)までは、特別展準備のため休館します。

 

関連イベント

 「学芸員が案内する飯盛城跡散策」(健脚向け)

  特別展を見学したあと、飯盛城跡を散策します。

(1):10月20日(水曜日)午前9時30分~午後3時

(2):11月6日(土曜日)午前9時30分~午後3時

【(1)・(2)の共通事項】

ところ  歴史民俗資料館↠権現川沿い↠飯盛城跡

定 員  それぞれ先着15人

費 用  無料

申し込み 10月5日(火曜日)から歴史民俗資料館へ来館のうえお申し込みください(電話不可)。

     ※当日の詳細については、申し込み時にチラシをお渡しします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)