ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 分類でさがす > くらし > 防災・防犯・安全 > 災害 > 防災情報 > 東日本大震災に関する本市の対応
防災情報

本文

東日本大震災に関する本市の対応

被災地への職員派遣

消防本部

3月12日 緊急消防援助隊として岩手県大槌町へ4人派遣
3月14日 交代要員(4人)を岩手県大槌町へ派遣
3月18日 岩手県知事の復興宣言を受け消防長官の命により緊急消防援助隊活動終了
3月19日 23時00分大阪府全隊員、引き上げ3月20日9時30分無事帰還いたしました

行政職員

3月26日 岩手県の避難所支援業務に従事のため、3人の派遣を決定。第1陣は1人出発いたしました

上下水道局

3月30日出発

応援給水支援として1人派遣、岩手県陸前高田市・長部地区において給水活動を行いました。(4月6日帰還)

4月19日出発

応援給水支援として1人派遣、岩手県陸前高田市・長部地区において給水活動を行いました。(4月26日帰還)

4月29日出発

応援給水支援として1人派遣、岩手県陸前高田市・長部地区において給水活動を行いました。(5月6日帰還)

5月14日出発

応援給水支援として1人派遣、岩手県陸前高田市・長部地区において給水活動を行いました。(5月21日帰還)

5月24日出発

応援給水支援として1人派遣、岩手県陸前高田市・長部地区において給水活動を行いました。(5月31日帰還)

6月8日出発

応援給水支援として1人派遣、岩手県陸前高田市・長部地区において給水活動を行いました。(6月14日帰還)

災害支援対策本部を設置

3月14日付で市長を本部長とする「災害支援対策本部」を設置し、東日本大震災(平成23年東北地方太平洋沖地震)に伴う本市の対応について協議し、被災地への職員派遣、移送物資の調達、義援金活動などの方針を決定するなど、迅速かつ的確な対応に努めています。

救援物資

3月23日、大阪府から要請があった、生理用品4,160枚・粉ミルク17缶の救援物資を大阪府の中部広域防災拠点(八尾市)へ輸送し、山形県へ届けられました。

義援金

市議会の駅募金活動の実施を受け、3月23日、午後6時から7時30分までの時間帯に、JR忍ヶ丘、四条畷両駅で、市長を先頭に、災害支援対策本部員等による募金活動を実施いたしました。また、市は被災者への義援金として、600万円を3月25日に日本赤十字社に送金いたしました。