現在の位置

四條畷市ふるさと納税(サポート寄附)お礼品を楽しく解説!「乗馬体験教室」編

みなさん、四條畷市が、日本で最初に大陸から馬が伝わり、馬飼いの集落が発生した馬文化発祥の地であることをご存知ですか?四條畷市のシンボルマーク「なわ丸」も馬をモチーフにしたキャラクターなんですよ!

このページでは、そんな四條畷市がおすすめするふるさと納税お礼品、「乗馬クラブグラシアス」での乗馬体験教室をインターン生が紹介します!

 

四條畷市ふるさと納税(サポート寄附)で「B-2.」を選んでいただくと、四條畷市での乗馬体験教室をお楽しみいただけます。

「乗馬クラブグラシアス」は、四條畷市の田原地区(市の南東部)に位置し、府道701号線の脇にあります。お車でお越しの方は入り口の白い門から上がったところに駐車場があります。

乗馬クラブに到着すると、かっこいい馬達が待ち受けていてくれます!

「乗馬クラブグラシアス」には全日本障害馬術大会(設置された様々な色や形の障害物を、決められた順番通りに飛越、走行するもので、障害物の落下や不従順などのミスなく、早くゴールすることが求められます)で入賞した馬もいます。

「ひきうま」のお仕事をしている体の小さいお馬さんもいて、

とてもかわいらしいです。

オレンジ色の屋根のクラブハウスが受付になっており、まず最初にこちらで乗馬用の装備を受け取ります。(※当日は長ズボン、スニーカー等動きやすい服装でお越しください。)

実際にヘルメット、チャップス(足に着ける道具)、ボディープロテクターを付けてみるとこんな感じ。

本物のジョッキーになったようで、背筋が伸びます!ワクワクしてきました!

坂道の上にある運動馬場に向かい、体験コースでお世話になる馬と対面。

今日はよろしくね!

いよいよ馬の背中にまたがります。

体験コースは30分間。乗馬は初体験でちょっと緊張します。さあがんばるぞ!

まずはインストラクターさんの先導で馬を歩かせます。

馬はゆっくり進みますが、乗っている人間は体のバランスを保つ必要があるため、馬上で腕を上げる練習。

馬が歩くと左右に揺れて、これが意外と難しい。体幹が鍛えられます!

次に自分で馬に命令してみます。進め、とまれ、左右に曲がれなど、全部できるようになるとインストラクターさんの補助なしで、円を描いて歩けるようになります。

馬と意思疎通ができたようで、嬉しいですね!

うまくできた時には馬の首のあたりをポンポン撫でて、「よくできたね!」とほめてあげましょう。

最後いよいよ乗馬体験の醍醐味、馬を走らせてみます!

今まで習ったことができれば大丈夫!馬と息を合わせて走れた時に感じる、今までに味わったことのない爽快感はハマること間違いなしですよ!

乗馬体験は以上になります!

最後に乗せてくれた馬とお別れ!ありがとう、また来るね!

いかがでしたか?

乗馬が初めての方でも、インストラクターさんが丁寧に教えてくれますので、心配ありません。

まずは、馬の背中にまたがりバランスをとれるようになるところから始めて、体験の終盤では馬を方向転換させたり、走らせることができるようになります。

きっと「また乗馬がやりたい!」と思っていただけるはずです!

ぜひ、馬文化発祥のまち・四條畷で乗馬体験を楽しんでくださいね!

 

「乗馬体験教室」をお礼品に、「四條畷市サポート寄附金(ふるさと納税)」を申し込みされる方は、こちらをご覧ください。