現在の位置

インターンブログ#022「四條畷で感じるドイツ!~Frohe Weihnachten☆~」(藤岡亜季)

 

こんにちは!インターン生の藤岡です。

 

(四條畷市役所で楽しむクリスマスその1.俳句サンタ) (その2.生け花withクリスマスオーナメント)

もうすぐ一大イベント、「クリスマス」がやってきますね!みなさんはどのように過ごす予定ですか?

 

え?四條畷で過ごすクリスマスはもう飽きた?

ヨーロッパの本格的なのがうらやましい?

 

みなさん忘れていませんか!

四條畷市はドイツのメアブッシュ市と「国際友好都市提携」を結んでいるんですよ!

今回は、読んでくださっているみなさんを、四條畷にいながらドイツに行った気分にさせたいと思います!

 

ご存知ですか?四條畷市とドイツ・メアブッシュ市の関係

初めに、ちょっと簡単に2都市の友情をご紹介。

2010年、市制40周年を迎えた四條畷市は、「国際的な文化交流、異文化に対する理解及び地域の国際化の促進など」を目的に、海外との交流について検討していました。

そんな中、「市誕生40年、人口約5万6000人、緑豊かなまち」などの共通点をもち、教育・文化・スポーツなどの交流が期待される「メアブッシュ市」との出会いを果たし、二都市は国際友好都市提携を結ぶことになりました!

メアブッシュ市は、ドイツ西部に位置しており、ドイツ全16州の中でも最大の人口規模をもつノルトライン=ヴェストファーレン州(さすがドイツ語!なんだかカッコいい!)に属しています。

日本総領事館があり、日系企業も多数所在するデュッセルドルフ市に隣接しているため、メアブッシュ市内にも多くの日本人が住んでいます。

メアブッシュ市のことをもっと知りたくなった方はこちらから!(メアブッシュ市のようす)

 

大盛況!ドイツ交流ひろばレポ

四條畷でドイツ気分が味わえるのが、そう「ドイツ交流ひろば」です!

12月に開催された今回のイベントでは、日本でもクリスマス時期におなじみの、ドイツの菓子パン、シュト―レンをみんなで作りました!

ここでインターン生が、満員御礼のイベントの様子をお伝えしたいと思います!

会場である市民総合センター3階料理室につくと、さっそくクリスマスっぽい!

ドイツのおもちゃや料理本も飾られていて、眺めているだけでも楽しいですね。

お子さんと一緒に参加されている方も多く、いろんな年代の参加者の方々が、これから作るドイツのお菓子について、「わくわくするね~!」と盛り上がっておられました!

さあ、調理開始!まず最初に、講師の先生があらかじめ準備した中種に卵やバター、ドライフルーツなどを加えて混ぜていきます。子どもたちも力強く生地をこねます!このあと、オーブンで発酵させます。

 

次に、生地をリース型に入れて、30分~40分程度焼いたら、できあがり!(意外と簡単!?)焼き上がりに、ココナッツオイルを塗ります。

  

じつはこれでシュト―レンが完成したわけではなく、パウダーシュガーで包んで最低でも1週間は保存しなければなりません!

最後はみんなでちょっとだけ味見!

「早く完成してほしい!」との子どもの声や、自分のおうちでも作ってみたいと、先生に材料を購入できる場所などを聞いている方もいらっしゃいました!

また、料理以外にも、生地が焼きあがるのを待っている時間や試食の際に、講師の高田奈津子さんとサポーターの東良喜久子さんが、ドイツでの生活や、日本とドイツの違いなどについて話され、参加者の皆さんも楽しそうに聞き入っていました。

イベントは大成功!

参加者の皆さんは、うれしそうに自分で作ったシュト―レンを包んでいました!

 

ドイツで暮らすってどんな感じ!?在住経験者に聞いてみた!

講師:高田奈津子さん(メアブッシュ市に4年7ヶ月滞在)  

交流サポーター:東良喜久子さん(メアブッシュ市・デュッセルドルフ市に24年弱滞在)

メアブッシュ市に在住経験もあり、今回のイベントで講師を務められた高田さん、またメアブッシュ交流サポーターとして活動されている東良さんに、四條畷とドイツのあれこれを聞いてみました。

 

藤岡:ドイツではどのようにクリスマスを過ごされますか?

東良さん:ドイツでは、クリスマスの4週間前から街の広場などで、クリスマスマーケットが始まります。この文化は、少しでも長い冬を明るく楽しく乗り切ろうという発想から生まれたようですね。

うってかわってクリスマス当日は、ろうそくの火だけを灯して家族で静かにディナーをするのが習慣です。

 

藤岡:四條畷市あるいは日本がドイツのこんなところを見習ったらいいのでは、という点はありますか?

東良さん:自転車マナーがもっと向上するといいですね。ドイツでは、特に夜の無灯などの取り締まりが日本よりも厳しく、子どものときから「自分の身は自分で守る」と、指導が徹底されています。

高田さん:ドイツでは市民の政治への関心が高く、初対面の人同士でも政治について話題にすることがあります。日本でも、投票率を上げるために、郵送やインターネットでの投票が可能になるといいですね!

 

藤岡:メアブッシュ交流サポーターとして今後どんなことを企画してみたいですか?

高田さん:市民同士の交流がもっと増えてほしいと思っています。たとえば、メアブッシュ市ではスポーツ活動が盛んなので、四條畷マラソン大会に代表市民を招待するなんてどうでしょうか。また、ドイツの幼児教育は世界的に評価されていますので、ドイツのおもちゃをふるさと納税のお礼品に追加してみてもいいですね。

 

なるほど!これからの二都市の活発な交流に乞うご期待ですね!

高田さん、東良さんありがとうございました!

…さてみなさん、ドイツに行った気分になっていただけましたでしょうか??

このブログを読んで、四條畷市とメアブッシュ市の友情を深める活動に参加してみたいと思われた方!

国際交流関係ボランティアを募集しているので、ぜひチェックしてみてください!

「メアブッシュ交流サポーター」

それでは、楽しいクリスマスをお過ごしください!Frohe Weihnachten!☆彡

(Frohe Weihnachtenはドイツ語でメリークリスマスの意味です!)

【お知らせ】

「四條畷市公式インスタグラム」がスタートしました!四條畷市の魅力を、写真を使って発信します。ぜひフォローをお願いします!

四條畷市公式インスタグラム

「四條畷市公式ツイッター」にて、学生インターン達も市役所からの情報を毎日発信しています!ぜひフォローをお願いします!

四條畷市公式ツイッター

また、「市内公園マップ」に大変好評いただいております!多くの方にご活用頂きたいので、こちらもぜひご覧ください。

#003「インターン生による研究・公園マップ編」

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

  • 四條畷市子育て情報サイト 子育て応援なび
  • 観光サイト
インターンブログ
  • よくあるご質問 お問い合わせの多いご質問を集めました。