現在の位置

訪問看護ってご存知ですか

地域包括ケアシステムの構築に向けて

 「訪問看護」は、住み慣れた地域や家庭で、その人らしく療養生活を送れるよう生活の場へ訪問し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。

 血圧・脈拍・体温などの病状確認、薬の管理、床ずれ等の処理、在宅酸素や人工呼吸器などの医療機器の管理、栄養指導や相談、保清ケア、ご家族への介護相談などです。頻回な下痢で点滴が必要な時、医師の指示により自宅でも点滴ができます。病院看護師も訪問看護師も支援内容は同じです。ただ、病院と違って自宅では、いつも看護師が傍にいるわけではありませんので、24時間365日いつでも訪問看護の利用ができる訪問看護ステーションがあり、必要に応じて利用することができるシステムになっています。かかりつけ医師と共に訪問看護師が在宅医療を支え、在宅介護と連携し、より安定した生活が過ごせるよう応援します。

 在宅医療生活をより快適に過ごせるように、また家族もより楽しく介護ができるよう訪問看護を利用しましょう。こんな時どうしたらいいの?と悩んだら、一人で抱え込まず、かかりつけ医師やケアマネジャーまたは地域包括支援センターへ相談しましょう。