現在の位置

福祉用具の貸与

このシリーズでは、介護保険で利用できるサービスを順次紹介しています。各サービスを利用する際は、サービスの組み合わせを介護支援専門員と相談しながら選択して下さい。

12.福祉用具貸与

自費で購入すると高額な福祉用具を、介護保険で貸与(レンタル)方式を利用することにより、少ない費用で使用することができます。
使用する用具を決める際、カタログなどで見るだけでは、用具の使い勝手はなかなかわかりません。介護支援専門員と相談したり、直接福祉用具、機器の展示をしている場所へ出向くなどして、確認、検討するようにしましょう。

貸与される福祉用具には、以下のものがあります。

  1. 車いす、付属品
  2. 立ち上がり用いす
  3. 特殊寝台・附属品
  4. スライディングボード等
  5. 床ずれ予防用具
  6. 体位変換器
  7. 手すり
  8. スロープ、段差解消機
  9. 歩行器
  10. 歩行補助つえ
  11. 認知症高齢者徘徊感知機器
  12. 移動用リフト

ただし、個々の福祉用具の特性と利用者の状態から判断して、明らかに使用が想定しにくい場合には、保険給付されない場合があります。

在宅サービスを利用する際には、要介護状態区分(要支援1・2、要介護1から5)別に介護保険から給付される上限額が決められています。利用者負担は、原則としてサービス費用の1割です。

お問い合わせ
健康福祉部 高齢福祉課
〒575-8501
大阪府四條畷市中野本町1番1号
電話:072-877-2121
電話:0743-71-0330