現在の位置

【注意喚起】石油ストーブ等の給油による事故に注意

石油ストーブ・石油ファンヒーターの給油タンクの蓋が十分にしまっていない場合、給油作業中に給油タンクから灯油がこぼれて火災が発生し、死亡に至る危険性があります。

 

安全に給油する

○給油タンクの蓋を確実に閉める
  ・蓋を閉じたこと、油漏れがないことを確認し、石油ストーブ等に戻す
必ず消火した上で給油する
  ・給油時は暖房機を必ず消火し、火の気のないところで給油
古い製品は特に注意
  ・2009年に国の安全基準が変更される以前に販売された製品の一部は、給油タンクの給油口が確実に締めたことが確認しづらく、又、給油時自動消化機能がついていない場合がある。


自宅の製品がリコール品でないか確認

株式会社コロナの石油ストーブ等(2000年以前の製品の一部)
2000年以前の石油ストーブ等に付属するカートリッジタンクの一部の製品において、長期間の使用による給油口の変形などの要因により、給油口がロックされたと誤認する「半ロック状態」になる事象が確認されました。
対象製品については無償点検・修理を実施しています。


■お客様相談窓口 0120-623-238 (午前9時~午後5時 土・日・祝日・休業日は除く)

 

消費者庁ウェブサイト

消費者庁リコール情報サイト

消費者庁リコール情報サイト(製品別特集)

 

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。