現在の位置

リステリアによる食中毒にご注意!

欧米では、ナチュラルチーズなどの乳製品、生ハムなどの食肉加工品、スモークサーモンなどの魚介類加工品、コールスローなどのサラダなどでリステリアによる集団食中毒が発生しています。

また、国内では、乳製品や食肉加工品などから、菌数は少ないですが、リステリアが検出されています。

リステリアとは

リステリア(リステリア・モノサイトゲネス)は、動物の腸管内や環境中に広く分布している細菌で、食品を介して感染する食中毒菌です。

多くの食中毒菌が増殖できないような低温や高い塩分濃度の⾷品でも増殖します。

注意が必要な人

リステリアに感染したときの症状の重篤度には個人差がありますが、特に下記に該当する方は重症化しやすいので注意が必要です。

妊娠している方

母体が重篤な状態になることはまれですが、胎児、新生児に感染による影響が出ることがあります。

高齢の方(65歳以上)、免疫機能が低下している方

重症化する可能性が高くなり、死に至ることがあります。

・若い方よりもリステリアに感染すると発症するリスクが高いと言われています。

・65歳以上の高齢の方がリステリア症患者数の77.6パーセントを占めています。

 (注釈)免疫機能が低下している方

  糖尿病、腎臓病、がんやHIVエイズにかかっている方、ステロイド治療を受けている方など

注意が必要な食品

 冷蔵庫に長期間保存され、加熱せずにそのまま食べられる食品は食中毒の原因となり得ますので、注意が必要です。

欧米におけるリステリア食中毒の主な原因食品例

ナチュラルチーズ、生ハム、肉や魚のパテ、スモークサーモン

リステリアによる食中毒を防ぐには

・期限内に食べきるようにし、開封後は期限にかかわらず速やかに消費しましょう

・冷蔵庫を過信せず、保存する場合は冷凍庫やチルド室を活用しましょう

・リステリアは、他の食中毒菌と同様に加熱することで予防できます

・食べる前に十分に加熱しましょう

・生野菜や果物などは食べる前によく洗いましょう

厚生労働省「リステリアによる食中毒に注意してください」から引用 

関連情報

 

リステリアによる食中毒に注意してください(PDF:286.5KB)

厚生労働省「リステリアによる食中毒」

お問い合わせ
健康福祉部 保健センター
〒575-0052
大阪府四條畷市中野三丁目5番28号
電話:072-877-1231
ファックス:072-877-6963

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。