現在の位置

妊娠しました

母子健康手帳

母子健康手帳は妊娠、出産、お子さんの成長などを記録し健康管理に役立てる大切な手帳です。妊婦、乳幼児の健康診査や予防接種を受けるときに必要です

妊娠とわかったら保健センターまたは田原支所に妊娠届を出し、母子健康手帳の交付を受けましょう。

お渡しするもの

母子健康手帳とともに、妊婦健康診査受診券副読本マタニティキーホルダー等もお渡しします。

また、希望される人には父子健康手帳もお渡ししています。

妊娠届出書に個人番号(マイナンバー)を記載してください

届出の際には、個人番号がわかるもの番号通知カード個人番号カード)と身分証明となるもの個人番号カード運転免許証等)をお持ちください。

妊娠届出書の個人番号(マイナンバー)はどのようなときに使われるのですか?

災害時に救助が必要な方を把握するなどの活用が予定されています。

個人番号(マイナンバー)を書かないと、母子健康手帳はもらえないのですか?

番号がわからない、番号がわかるものや身分証明書を忘れたなど、個人番号の記入がない場合でも、母子健康手帳を交付できます。

助産師等の専門職がご相談に応じています。

助産師等の専門職が、妊婦さんの体調をお伺したり、不安なことなどのご相談にタイムリーに応じるため、妊娠届けの受付及び母子健康手帳の交付を保健センターで行っています。

なお、田原支所でも届出を受付しています。田原支所には助産師等が不在のため、届出時に面接等の日程調整をさせていただきます。

 

妊婦健康診査

母子健康手帳交付時にお渡しします妊婦健康診査受診券をお持ちの上、受診してください。受診券は14枚つづりでお渡しします。また、乳児一般健康診査受診券、保健センターへの連絡はがき(妊産婦保健指導連絡票・出生連絡票(新生児訪問依頼票)・低体重児出生届も一緒につづられています。

妊婦健康診査受診券は1回の健康審査で1枚使用することができます。

なお、受診券の金額を上回る費用についてはご本人の負担となります。

 

健診回数      助成額

1回目     20,000円

2~5回目     各5.000円

6~11回目   各7.000円  

12~14回目  各6.000円

他府県で妊婦健康診査を受診される人へ

受診券の利用は大阪府内の医療機関が原則ですが、里帰り出産等で他府県の医療機関で健診の受診を希望する人は受診費補助制度がありますので事前にご相談ください。

 転入された人は、四條畷市の受診券と交換します

転入前に、妊娠届けをされた人は、四條畷市の受診券と交換します。

(注意)受診券の交換は、保健センターで行います。転入前に交付を受けた未使用の受診券つづりと母子健康手帳をご持参ください。

 

 

 

ママ&パパ教室

妊娠中の保健衛生、生活のおくりかた、出産、育児のための準備などに関して、助産師・栄養士・保健師などによる教室を行っています。

場所

保健センター

実施日

奇数月の第4土曜日の午前(予約制) 「ママとパパのための教室」
偶数月の第1火曜日の午後 「ママのための知っ得教室」

当日、母子健康手帳をご持参ください。

平成30年度ママパパ教室(PDF:210.5KB)

お問い合わせ
健康福祉部 保健センター
〒575-0052
大阪府四條畷市中野三丁目5番28号
電話:072-877-1231
ファックス:072-877-6963

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。