現在の位置

誤飲してしまったら

赤ちゃんはとても好奇心旺盛です。でも危険なものかどうかの判断は自分ではできません。こどもの安全対策は大人の責任です。特に「はいはい」や伝い歩きの頃の赤ちゃんは何でも口に入れてしまうので注意が必要です。親がちょっと目を離したすきに誤飲事故はおこります。

対応一覧
誤飲したもの 水を飲ませる 牛乳を飲ませる 吐かせる 備考
たばこ:葉・吸殻 不可 不可 水に溶かすと吸収しやすくなるので水分は与えません。
たばこが浸った液を飲んだときは水や牛乳を飲ませて吐かせ、すぐ病院へ連れて行きましょう。
たばこ:たばこを浸した液 水に溶かすと吸収しやすくなるので水分は与えません。
たばこが浸った液を飲んだときは水や牛乳を飲ませて吐かせ、すぐ病院へ連れて行きましょう。
強酸・強アルカリ 不可 漂白剤や洗浄剤などに含まれています。
のどや食道がただれるので吐かせません。
防虫剤 不可 一部不可 脂溶性のため、牛乳の脂肪分に溶けて吸収を促進するため与えません。
樟脳(カンフル)は、けいれんを誘発する恐れがあるため吐かせません。
ホウ酸ダンゴ  
石油製品(灯油、ベンジン等) 不可 不可 不可 揮発性が高いので、吐かせると気管に入り、化学性肺炎をおこします。
また、飲み物を与えるとおう吐を誘発するので与えません。

 

お子さんの様子が落ち着いていたら、あせらず応急処置をし、救急病院を受診しましょう。日本中毒情報センター(24時間体制)で化学物質による急性中毒の相談ができます。
ガラスの破片やコイン、ボタン電池なども誤飲の危険があります。鋭利な物を誤飲したときは吐かせません。無理に吐かせると、のどなどを傷つけます。
受診するときは、できれば誤飲したものと同じものを持っていきましょう。

(財団法人)日本中毒情報センター中毒110番
大阪
電話:072-727-2499(365日24時間対応)
つくば
電話:029-852-9999(365日9時00分~21時00分対応)
たばこ誤飲専用(自動音声テープ)
電話:072-726-9922(365日24時間)

お問い合わせ
健康福祉部 保健センター
〒575-0052
大阪府四條畷市中野三丁目5番28号
電話:072-877-1231
ファックス:072-877-6963