現在の位置

予防接種

子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨の差し控えについて

予防接種法の改正により子宮頸がん予防ワクチンは法に基づく予防接種に位置づけされ、平成25年4月1日から、対象者には無料で接種を行ってきたところです。
6月14日、このワクチン接種後の副反応報告について、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会で審議された結果、ワクチン接種後に、ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な痛みを訴えるケースが報告されていることから、6月14日からこの副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民により適切な情報提供ができるまでの間、積極的な勧奨は差し控えることになりました。
子宮頸がん予防ワクチン接種は、定期接種として継続いたしますが、接種を希望される人は、下記のリーフレット「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ」をお読みいただき、ワクチンの有効性とリスクを十分に理解したうえで、受けるようにしてください。 新たな情報が入りましたら、広報、ホームページ等でお知らせいたします。

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(PDF:865.2KB)

予防接種の受け方

予防接種は、実施医療機関で受ける個別接種で実施しています。

実施医療機関は予防接種実施医療機関のPDFファイルでご確認ください。

予防接種実施医療機関(PDF:172.1KB)

高齢者肺炎球菌予防接種実施医療機関(PDF:130.4KB)

接種の前には実施医療機関に、あらかじめご相談ください。

予防接種の受け方、対象年齢について詳しくは、「予防接種の対象者・内容」をごらんください。

予防接種を受ける前の注意

  • 受ける予定の予防接種について「予防接種の手引き」(4か月児健診時に配布)などをよく読んで、必要性や副反応についてよく理解し、お子さんの体調のよいときに受けるようにしましょう。わからないことは接種を受ける前に医師に相談しましょう。
  • 受ける前日には入浴し、清潔な肌着を着用してください。
  • 接種当日はお子さんの健康状態をよく知っている保護者同伴でお越しください。
  • 接種当日は朝、体温を計り、母子健康手帳を持参してください。

予防接種を受けることができない人

  • 明らかに発熱のある人
  • 重い急性疾患にかかっていることが明らかな人
  • 受けようとする予防接種によって、または予防接種に含まれる成分によってアナフィラキシー(全身にじんましんがでたり、ショック状態をおこすような激しいアレルギー反応)をおこしたことのある人
  • その他、医師が不適当な状態と判断した場合

心臓病、腎臓病、肝臓病や血液の病気などで治療を受けている人、アレルギー体質の人、けいれん体質の人、その他心配なことがありましたら、接種の際に医師に相談してください。

予防接種を受けた後の注意

  • 予防接種を受けた後約30分間は、お子さんの様子を観察するか、医師とすぐ連絡をとれるようにしておきましょう。
  • 接種後生ワクチンでは2週間から3週間、不活化ワクチンでは24時間は副反応の出現に注意しましょう。
  • 入浴はさしつかえありませんが、注射した部位はこすらないようにしてください。
  • 接種当日はいつも通りの生活をしてかまいませんが、激しい運動はさけてください。

接種間隔

こちらに記載している接種間隔は、接種後、別の種類の予防接種を受ける場合の間隔です。
同じ種類の予防接種を受ける場合の間隔は、各予防接種の種類により異なりますので、ご注意ください。(詳細は「予防接種の対象者・内容」をご覧ください。)

(法定)は法定接種、他は任意接種

生ワクチン

  • BCG(法定)
  • 麻しん風しん混合(法定)
  • 麻しん(法定)
  • 風しん(法定)
  • 水痘(法定)
  • おたふくかぜ
  • ロタウイルス胃腸炎

4週間(27日)以上あける→生ワクチン・不活化ワクチン

不活化ワクチン

  • 不活化ポリオ(法定)
  • 4種混合(法定)
  • 2種混合(DT)(法定)
  • 日本脳炎(法定)
  • インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチン(法定)
  • 小児用肺炎球菌ワクチン(法定)
  • B型肝炎(法定)
  • 子宮頸がん予防ワクチン(法定)現在、積極的な勧奨を差し控えています
  • インフルエンザ
  • 高齢者肺炎球菌ワクチン(法定)

1週間(6日)以上あける→生ワクチン・不活化ワクチン

予防接種の対象者・内容

子どもの予防接種をいつ何から受ければいいの?

リンク先、日本の小児における予防接種スケジュール(国立感染症研究所)をご参照ください。

各ワクチンの対象者・内容

ヒブワクチン

予防する病気

インフルエンザ菌b型による細菌性髄膜炎、喉頭蓋炎、菌血症(血液の中に菌が進入した状態)等

対象者

生後2か月から60か月(5歳)に至るまで(5歳になる前日まで)

対象者一覧
接種を開始する月齢(年齢) 内容
生後2月~7月に至るまで

(初回免疫)

27日以上、標準的には56日までの間隔をおいて3回接種

(追加免疫)

3回目接種後、7か月以上、標準的には13か月までの間隔をおいて1回接種

生後7月~12月に至るまで

(初回免疫)

27日以上、標準的には56日までの間隔をおいて2回接種

(追加免疫)

2回目接種後、7か月以上、標準的には13か月までの間隔をおいて1回接種

1歳~5歳に至るまで 1回接種

ヒブによる細菌性髄膜炎は、5歳未満の乳幼児がかかりやすく、特に生後3か月から2歳になるまではかかりやすいため、生後2か月になったら、体調が良い時に早期に接種を受けることが望ましいです。
接種スケジュール、病気の説明などの詳細は下記の「ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチンの接種スケジュール」、「ヒブ・小児用肺炎球菌による病気及び予防ワクチン」のPDFをご参照ください。


小児用肺炎球菌ワクチン

予防する病気

肺炎球菌による細菌性髄膜炎、菌血症(血液の中に菌が進入した状態)、中耳炎等

対象者

生後2か月から60か月(5歳)に至るまで(5歳になる前日まで)

対象者一覧
接種を開始する月齢(年齢) 内容
生後2月から7月に至るまで

(初回免疫)
標準的には生後12月までに27日以上の間隔をおいて3回接種
生後24月までに完了すること
また、2回目の接種が生後12月を超えた場合、3回目は行いません。
(追加免疫)
3回目接種後、60日以上の間隔をおいた後であって生後12月以降に1回接種
追加免疫の標準的な接種期間:生後12月から15月

生後7月から12月に至るまで

(初回免疫)
標準的には生後13月までに27日以上の間隔をおいて2回接種
生後24月までに完了すること
(追加免疫)
2回目接種後、60日以上の間隔をおいた後であって、生後12月以降に1回接種
追加免疫は生後12月を過ぎてから行います

1歳から2歳に至るまで 60日以上の間隔をおいて2回接種
2歳から5歳に至るまで 1回接種

法律上、初回接種を生後24月までに完了できなかった場合は、初回接種の残りの回数は接種できません。

また万一、生後24月までに初回接種を完了できなかった場合は、追加接種分のみを受けてください。

肺炎球菌による細菌性髄膜炎は、5歳未満の乳幼児がかかりやすく、特に生後3か月から2歳になるまではかかりやすいため、生後2か月になったら、体調が良い時に早期に接種を受けることが望ましいです。
接種スケジュール、病気の説明などの詳細は下記の「ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチンの接種スケジュール」、「ヒブ・小児用肺炎球菌による病気及び予防ワクチン」のPDFをご参照ください。

ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチンの接種スケジュール(PDF:123.6KB)

ヒブ・小児用肺炎球菌による病気及び予防ワクチン(PDF:181.3KB)

B型肝炎

予防する病気

B型肝炎ウイルスによる肝炎、肝硬変、肝がん

対象者

平成28年4月1日以後に生まれた人でかつ、生後1歳に至るまで(1歳になる前日まで)

対象者一覧

望ましい接種年齢

内容
生後2月から9月に至るまで

27日以上の間隔をおいて2回接種後、1回目から139日以上の間隔をおいて1回接種

母子感染予防のため抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎のワクチンの接種を受ける場合は定期接種の対象外です。

すでに任意接種として9月以前に接種されている方は、不足回数分を定期接種として受けられます。

★注意★

1回目から3回目の接種を終えるまでには、早くても20週かかります。特に平成28年4月、5月生まれの方は、10月時点ですでに5~6か月経過していますので、接種日程の管理が重要となります。お早目に主治医と相談してください。

 

不活化ポリオ

予防する病気

ポリオ(急性灰白髄炎)

 

対象者一覧
内容 対象年齢 望ましい接種年齢
1期初回
20日以上の間隔をおいて3回接種
生後3月から90月(7歳6か月)に至るまでの間

生後3月から1歳未満
(20日以上、標準的には56日までの間隔をおいて3回接種)

1期追加
(1期初回終了後 6か月以上の間隔をおいて1回接種)
生後3月から90月(7歳6か月)に至るまでの間

1期初回 (3回)終了後、1年から1年半の間隔をおいて1回接種

 

生ワクチンを2回接種済みの人は、不活化ポリオワクチンを受ける必要はありません。

お子さまの接種歴に応じて、接種方法、接種回数が異なります。詳細は下記の、「不活化ポリオワクチンについて」をご参照ください。

不活化ポリオワクチンについて(PDF:194KB)

4種混合

予防する病気

  • ジフテリア
  • 百日せき
  • 破傷風
  • ポリオ
対象者一覧
内容 対象年齢 望ましい接種年齢
1期初回
20日以上の間隔をおいて3回接種
生後3月から90月(7歳6か月)に至るまでの間

生後3月から1歳未満
(20日以上、標準的には56日までの間隔をおいて3回接種)

1期追加
(1期初回終了後6か月以上の間隔をおいて1回接種)
生後3月から90月(7歳6か月)に至るまでの間

1期初回(3回)終了後、1年から1年半の間隔をおいて1回接種

 

BCG

予防する病気

結核

対象者一覧
対象年齢 望ましい接種年齢

生後1歳に至るまでの間

他の予防接種に比べ、接種できる期間が短いため、機会を逃さないようにご注意ください。
ヒブ、小児用肺炎球菌、4種混合等不活化ワクチンを受けた後は6日以上、ロタウイルス胃腸炎等生ワクチンを受けた後は、27日以上の間隔をおかなければBCG接種を受けられないため、接種間隔にご注意ください。
副腎皮質ホルモン(ステロイド)軟膏を使用している人は接種前日より肩から上腕部にかけては塗らないでください。

生後5月から8月に達するまで

 

水痘

予防する病気

水痘(みずぼうそう)

対象者一覧
対象年齢 望ましい接種年齢

生後12月(1歳)から36月(3歳)に至るまで
3か月以上の間隔をおいて2回接種

(1回目)標準的には生後12月から15月までの間に1回接種
(2回目):標準的には、1回目接種後、6月から12月までの間隔をおいて1回接種

 

既に水痘にかかった人は対象外です。

麻しん風しん混合

予防する病気

  • 麻しん
  • 風しん

対象者一覧

内容 対象年齢 望ましい接種年齢

1期

(1回接種)

生後12月(1歳)から24月(2歳)に至るまでの間 1歳から1歳3か月

2期

(1回接種)

接種期間は平成29年3月31日まで

 

小学校就学1年前から就学前日(3月31日)までの期間(いわゆる幼稚園・保育園年長クラスの幼児)

年長クラスの幼児

平成28年度の対象者

平成22年4月2日から平成23年4月1日生

 

過去に麻しんまたは風しんいずれかの病気にかかった人も、混合ワクチンで接種できます。

日本脳炎

予防する病気

日本脳炎

 

対象者一覧
内容 対象年齢 望ましい接種年齢
1期初回
6日以上の間隔をおいて2回接種
生後6月から90月(7歳6か月)に至るまでの間

3歳(6日以上、標準的には28日までの間隔をおいて2回接種)

1期追加
(1期初回終了後6か月以上経過した時期に1回接種)

生後6月から90月(7歳6か月)に至るまでの間

4歳(1期初回終了後6か月以上、標準的には概ね1年の間隔をおいて1回接種)

2期 9歳から13歳未満 小学校4年生

特例措置について

平成17年から21年度に積極的勧奨差し控えにより、日本脳炎を受けれなかった人は、特例措置で接種が可能です。

特例措置の対象者
1.平成8年4月2日から平成19年4月1日生まれの人

2.平成19年4月2日から平成21年10月21日生まれの人

詳細は下記の「日本脳炎(特例措置)について」をご覧ください。

日本脳炎(特例措置)について(PDF:183.5KB)

子宮頸がん予防ワクチン(現在、積極的な勧奨を差し控えています)

予防する病気

ヒトパピローマウイルス(HPV)のうち発がん性の高いHPV16型と18型の感染

対象者:小学校6年生相当者から高校1年生相当者(標準接種年齢:中学1年生)

6か月間で計3回接種

サーバリックス(製造元/グラクソ・スミスクライン株式会社)とガーダシル(製造元/MSD株式会社)では接種間隔が異なりますので、ご注意ください。

 

接種間隔一覧
  初回 2回目 3回目
サーバリックス   1か月後  初回から6か月後
ガーダシル   2か月後 初回から6か月後

3回接種しないと十分な予防効果は得られないといわれています。

3回目を忘れないようご注意ください。

体調不良で接種スケジュールどおり、受けられない場合は、体調が回復しましたら速やかに次の接種を受けましょう。(最初から受けなおす必要はありません)

子宮頸がん予防ワクチンを1回または2回接種した後に、別の子宮頸がん予防ワクチンを接種することに対する有効性、安全性のデータはありません。このため、途中でサーバリックスからガーダシル(またはその逆)に変更せず、同じ種類の子宮頸がん予防ワクチンを3回続けて受けてください。

ワクチン(効果や副反応等)の詳細は下記の「子宮頸がん及び予防ワクチン(PDFファイル)」をご参照ください。 また、子宮頸がんを予防するには、ワクチン接種に加え、子宮頸がん検診を受けることが大切です。
「ワクチン接種とがん検診で子宮頸がんを予防」なども併せてご覧ください。

子宮頸がん及び予防ワクチン(PDF:191.3KB)

ワクチン接種とがん検診で子宮頸がんを予防(PDF:99.4KB)

各種健康診査・検診

ポリオについて、次の人はご注意ください

厚生労働省によると、昭和50年から昭和52年生まれの人は、他の年齢層に比べてポリオの病気を防ぐ免疫を持っている人の割合が低いとのことです。日本には現在、野生のポリオウイルスはないと判断されていますが、次の場合は注意してください。

上記の人が、ポリオが発生している国へ渡航する場合は、ワクチンの追加接種を受けるなどの注意が必要です。

いろいろな事情で標準的な年齢に受けることができなかった人も、定められた年齢(上表左の対象年齢)内なら同様に受けることができます。お子さんの体調のよいときに接種を受けてください。

先天性の病気や長期入院等により、上記の医療機関で予防接種を受けられない場合は、事前に保健センターにご相談ください。

法定接種期間の間、長期にわたり以下の病気のため、対象年齢内に予防接種を受けられなかった場合は、保健センターにご相談ください。

  1. 重症複合免疫不全症、無ガンマグロブリン血症その他の免疫の機能に支障を生じさせる病気
  2. 白血病、再生不良性貧血、重症筋無力症、若年性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、潰瘍性大腸炎、ネフローゼ症候群その他免疫の機能を抑制する治療を必要とする重篤な病気

高齢者

高齢者インフルエンザ

種類

インフルエンザ

詳細一覧
対象者 備考
  1. 接種日において満65歳以上の人
  2. 満60から64歳で、心臓・腎臓・呼吸器・ヒト免疫不全ウィルスによる機能障害を有し、身体障害者手帳1級所持者

(接種回数1回)

接種費用1,000円
(生活保護受給者は免除となりますので、保健センターまでお問い合わせください)

接種期間・実施機関等詳細は、保健センターへお問い合わせください。

高齢者肺炎球菌ワクチン

種類

肺炎球菌感染症による気管支炎、肺炎、敗血症等

詳細一覧
対象者 備考
  1. 今年度、65・70・75・80・85・90・95・100歳になる人(注意1)
  2. 満60から64歳で、心臓・腎臓・呼吸器・ヒト免疫不全ウィルスによる機能障害を有し、身体障害者手帳1級所持者
    接種回数1回(注意2)

接種費用2,000円 (生活保護受給者は免除となりますので、保健センターまでお問い合わせください)

対象者(1)の人には、接種券(はがき)を送付します。接種日に実施医療機関の窓口に必ず提示してください。

対象者(2)に該当する人で接種を希望される場合は身体障がい者手帳を持参のうえ、保健センターにお越しください。接種券を発行します。

(注意1)28年度及びそれ以降の対象者(1)は、PDFファイルに記載の生年月日に該当する人

(注意2)既にこのワクチン(ニューモバックスNP)の接種を受けられた人は対象外です。 このワクチンを5年以内に再接種した場合、1回目より接種部位の疼痛、あかみ、しこりなどの副反応が強く、高い頻度で発現するとの報告があります。

平成28年度以降 年度別高齢者肺炎球菌ワクチンの経過措置対象一覧(PDF:101.8KB)

健康被害救済制度について

重篤な副反応が出現する頻度は極めて稀ですが、みなさんが安心して予防接種が受けられるように、予防接種法では健康被害救済制度がもうけられています。
法定のワクチン接種後に、健康被害が生じた場合、その健康被害が予防接種によって引き起こされたものか、別の要因によるものなのかの因果関係を予防接種・感染症医療・法律等、各分野の専門家からなる国の審議会にて審議し、予防接種によるものと認定された場合は、法に基づく健康被害給付の対象となります。
予防接種後健康被害救済制度については、以下の「救済制度リーフレット」をご参照ください。

救済制度リーフレット(PDF:850.2KB)

海外渡航のための予防接種

海外渡航者の予防接種には、入国時に予防接種を要求する国(地域)に渡航するため、また、海外で感染症にかからないようにするための2つの側面があります。

入国する時に、黄熱の予防接種証明書の提示が求められる国があります。
また、学校に入学する時に予防接種証明書を要求される場合もあります。

詳しくは渡航先の国の在日大使館や入学先、お近くの検疫所などでおたずねください。
詳細はこちらをご覧ください。

海外渡航のためのワクチン(厚生労働省検疫所)

お問い合わせ
健康福祉部 保健センター
〒575-0052
大阪府四條畷市中野三丁目5番28号
電話:072-877-1231
ファックス:072-877-6963

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。