現在の位置

平成30年度高齢者肺炎球菌 定期接種について(お知らせ)

 この制度では今までワクチン(23価肺炎球菌ポリサッカライドワクチン)を接種したことがない方を対象に、平成30年度までの間に1人1回、定期接種の機会を設けています。(対象となる年度においてのみ、定期接種としての公費助成が受けられます。)

 

 肺炎球菌感染症は、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。この菌は、主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。

 日本人の約3から5パーセントの高齢者では鼻や喉の奥に菌が常在しているとされます。これらの菌が何らかのきっかけで進展することで、気管支炎、肺炎、敗血症などの重い合併症を起こすことがあります。

 

平成30年度の対象者

(1)30年度中に65・70・75・80・85・90・95・100歳になる人(下表の生年月日に該当する人)

  65歳:昭和28年4月2日生から昭和29年4月1日生の人

  70歳:昭和23年4月2日生から昭和24年4月1日生の人

  75歳:昭和18年4月2日生から昭和19年4月1日生の人

  80歳:昭和13年4月2日生から昭和14年4月1日生の人

  85歳:昭和8年4月2日生から昭和9年4月1日生の人

  90歳:昭和3年4月2日生から昭和4年4月1日生の人

  95歳:大正12年4月2日生から大正13年4月1日生の人

  100歳:大正7年4月2日生から大正8年4月1日生の人

 

(2)接種日当日、満60歳以上65歳未満の人で、心臓、腎臓、呼吸器、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障がいを有する人で、身体障がい者手帳1級所持者(身体機能障がいのみの人は、予防接種法に基づく対象者ではありません)

 

対象者(1)に該当する人には、4月初旬に接種券(はがき)を送付していますので、接種日に実施医療機関の窓口に必ず提示してください。接種券がない場合は、全額自己負担となりますのでご注意ください。

※対象者(2)に該当する人で、接種を希望される場合は身体障がい者手帳を持参のうえ、保健センターにお越しください。接種券を発行します。

 

接種期間

 平成30年4月1日から平成31年3月31日まで

接種回数

  1回接種

接種費用

  2,000円(生活保護世帯は免除)

  生活保護世帯の方で接種を希望される場合は、受診券を発行しますので、

  必ず接種前に保健センターまでご連絡ください。

副反応(副作用)

 主な副反応は、注射部位の疼痛(72.3パーセント)、発赤(26.2パーセント)、腫脹 (23.1パーセント)などの局所反応です。

 稀に報告される重い副反応としては、アナフィラキシー様反応、血小板減少、ギランバレー症候群、蜂巣炎様反応等があります。

 

接種の受け方

 実施医療機関にあらかじめご予約ください。

 接種当日は接種券(桃色のはがき)健康保険証を実施医療機関にお持ちください。

実施医療機関

 実施医療機関はPDFファイルでご確認ください。

平成30年度肺炎球菌実施医療機関 (PDF:97.3KB)

 なお、大東市、寝屋川市、門真市、守口市の実施医療機関でも接種を受けることができます。

 先天性の病気や入院中、施設入所等の理由により、上記の医療機関で予防接種を受けることができない場合は、事前に保健センターにご相談ください。

 接種後に高熱、嘔吐、じんましん、動悸、けいれんなどの症状があらわれた場合は、接種を受けた医療機関を受診してください。また、保健センターにもご連絡ください。

注意事項

1.平成30年度対象者 高齢者肺炎球菌ワクチン接種券(桃色のはがき)が届いた人であっても、過去に高齢者肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌ポリサッカライドワクチン)を接種したことのある人は対象外です。過去5年以内に、このワクチンを接種したことのある人は、再接種により副反応が起こる頻度が高く、程度が強く発現すると報告されています。

2.接種時には「平成30年度対象者 高齢者肺炎球菌ワクチン接種券」(桃色のはがき)が必要です。紛失された方は、対象年齢を確認のうえ再発行いたしますので保健センターまでお問い合わせください。なお、対象外の方でも、接種費用は自己負担となりますが接種することができます。

3.肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぐワクチンです。すべての肺炎を予防するワクチンではありません。

ご存知ですか?

肺炎は日本人の死因第3位の病気です。しかも、亡くなる方の約97パーセントは65歳以上となっています。

このように肺炎は65歳以上の方にとって軽視できない疾患なのです。

肺炎球菌による死亡割合

日本における主な死因:厚生労働省 人口動態統計(確定数)2015年

1位:悪性新生物(がん)

2位:心疾患(心不全など)

3位:肺炎

4位:脳血管疾患(脳こうそくなど)

 

接種後には

次のような症状が現れることがあります。

接種部位・接種部位を中心に上腕全体、あるいは腕全体にまで及ぶ赤み、腫れ、熱、痛みなどの症状。

一般的に上記のような症状は3から4日で治まりますが、冷湿布などを行います。その他、熱っぽい、だるいなど体調の変化があった場合には、医師にご相談ください。

再接種について

 成人用肺炎球菌ワクチンの免疫(抗体)は5年以上持続するといわれています。約5年以上の十分な間隔をあけて接種しないと、注射部位の痛みや腫れが強く出る場合があります。

 接種した記録は必ずとっておき、再接種の際には医師に接種歴があることを伝えられるよう、接種歴がわかるカードや手帳等を持参しましょう。

 

 

 

 

  

お問い合わせ
健康福祉部 保健センター
〒575-0052
大阪府四條畷市中野三丁目5番28号
電話:072-877-1231
ファックス:072-877-6963

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。