現在の位置

ノロウイルスによる感染性胃腸炎、食中毒に注意しましょう!

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、一年を通して発生していますが、特に冬季に流行します。

ノロウイルスは、ヒトからヒトへ感染する感染症(感染性胃腸炎)のほか、食品を汚染して食中毒の原因にもなります。感染した人の便や吐物には多量のノロウイルスが含まれており、感染力が強く、少量でも感染しますので、注意が必要です。

どのように感染するのですか

ほとんどが経口感染で、次のような場合があると考えられています。

  1. ノロウイルスを内臓に取り込むことがあるカキやシジミなどの二枚貝を、生または不十分な加熱調理で食べた場合
  2. 感染した人が不十分な手洗いで調理などをして汚染された食品を食べた場合
  3. 患者のノロウイルスが大量に含まれる便や吐物から人の手などを介して二次感染する場合
  4. 家庭や施設内などで乾燥した便や吐物から空中に浮遊したノロウイルス粒子を吸い込んだ場合

 

 

 

症状

潜伏期間(感染から発症までの時間)は1日から2日です。

主症状は激しい吐き気、嘔吐、下痢、腹痛で、発熱することもあります。通常、これら症状が1日から3日続いた後、回復します。また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。

しかし、子どもや高齢者などでは重症化しやすいため、注意が必要です。

治療法

ノロウイルスについてはワクチンがなく、また、治療は輸液などの対症療法に限られます。

予防するために

手洗い

普段から調理の前や食事前、トイレの後は石けんをよく泡立てて手指から手首までを充分に洗いましょう。

食中毒の予防

・加熱が必要な食品は、中心部までしっかり加熱(851分間以上)して食べましょう。

・まな板や包丁などの調理器具も、定期的に消毒しましょう。

二次感染を予防しましょう

 症状が回復しても数日はノロウイルスを排出します。手洗いの徹底等、感染防止に注意して下さい。

  • 糞便や嘔吐物を処理するときは、使い捨てのマスクやビニール手袋を使用しましょう。作業後は手を洗い、うがいをしてください。
  • 糞便や嘔吐物などを処理するときには「すぐにふき取る・乾燥させない・消毒する」の3原則を守りましょう。
  • ノロウイルスにはアルコール消毒は効果がありません。次亜塩素酸ナトリウムを含む、家庭用漂白剤等を使用しましょう。

ノロウイルスの感染を広げないために(大阪府ホームページ)(PDFファイル/375KB)

  http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/23711/00160739/norouirusuwohirogenaitameni.pdf  

  • ノロウイルスは症状がなくなっても、7日間ほど便の中にでてきますので、注意が必要です。

関連情報

ノロウイルスに関するQ&A(厚生労働省ホームページ)

感染性胃腸炎にご注意(大阪府ホームページ)

お問い合わせ
健康福祉部 保健センター
〒575-0052
大阪府四條畷市中野三丁目5番28号
電話:072-877-1231
ファックス:072-877-6963

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。