現在の位置

出産育児一時金の支給

出産育児一時金

被保険者が出産されたとき、出産育児一時金を支給します。
出産とみなされるのは、妊娠12週以上です(死産または流産を含みます)。

 

支給額

 

産科医療補償制度(注1)に加入している医療機関で出産した場合

420,000円

・産科医療補償制度に加入していない医療機関で出産した場合

・妊娠22週に達する前に出産した場合

404,000円

(注2)

(注1)「産科医療補償制度」とは、分娩に関連して発症した重度脳性麻痺児に対して補償される制度です。

(注2)平成26年12月31日までに出産した場合は390,000円となります

 

支給方法

 

直接支払制度を利用される場合

医療機関で手続きすることで、出産育児一時金の額を上限に、出産費用を四條畷市国民健康保険から医療機関へ直接支払う制度です。

(直接支払制度を利用する場合は、出産費用のうち出産育児一時金相当額の超過分を医療機関へお支払いください。)
なお、医療機関によっては利用できない場合もありますので、直接医療機関の窓口にお問い合わせください

 

窓口へ申請が必要な場合

  • 直接支払制度を利用し、出産費用が出産育児一時金を下回った場合
  • 直接支払制度を利用しない場合

 

<申請に必要な書類>

・直接支払制度の利用有無が確認できるもの(合意文書)

・出産費用の明細書・領収書など(産科医療補償制度の加入有無が確認できるもの)

・母子健康手帳など出産が確認できるもの

・印かん

・被保険者証

・口座振込をご希望の場合は、世帯主名義の口座がわかるもの(コピー可)

現金での受け取りをご希望の場合は、月末(月末が土日祝日の場合はその前営業日)を除く、平日の午前9時~午後3時までに保険年金課の窓口で申請してください。

 

郵送での申し込みも受け付けます。

ダウンロードした申請書を印刷して、必要事項を記入・捺印し、「窓口へ申請が必要な場合」の<申請に必要な書類>を添えて、郵送してください 。

 

郵送先
〒575-8501 

四條畷市中野本町1番1号
四條畷市役所 保険年金課 給付担当まで

 

 

出産前に国民健康保険へ変わった方へ

 

お勤めされていた会社の健康保険に1年以上加入し、被保険者の資格を失ってから6ヶ月以内に出産した時などは、健康保険から出産育児一時金を受け取ることも選択できます。国民健康保険より支給額が多い場合がありますので、加入していた健康保険に確認してください。

なお、会社の健康保険から出産育児一時金が支給される場合は、国民健康保険からは支給されません。

出産育児一時金支給申請書(PDF:80.4KB)

 初めて利用する人はこちらをお読みください。

申請書提供サービスについて

お問い合わせ
健康福祉部 保険年金課
〒575-8501
大阪府四條畷市中野本町1番1号
電話:072-877-2121
電話:0743-71-0330

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。