現在の位置

国民健康保険料(65歳から74歳の世帯)と後期高齢者医療保険料の特別徴収(年金天引き)への変更について

国民健康保険料(65歳から74歳までで構成される世帯)と後期高齢者医療保険料が今まで普通徴収(口座振替や納付書での支払い)となっていた人のうち、今年度から特別徴収(年金天引き)の対象となった場合は、平成29年10月の年金より特別徴収が始まります。

10月、12月、翌年2月の年金から徴収となります。
対象者は申し出をすることで、口座振替による支払いに変更することができます。(納付書払いへの変更はできません)希望される場合は、下記の手順どおり手続きしていただく必要があります。

 1.口座振替依頼書に記入、押印のうえ、金融機関の窓口へ提出。
 2.金融機関から口座振替依頼書の「お客さま控え」を必ず受け取る。

 3.2の「お客さま控え」および印鑑を持参し、保険年金課窓口で「納付方法変更申出書」を記入

  のうえ提出。(申出書は保険年金課、田原支所の窓口にあります)

※国民健康保険料の口座振替受付については、保険年金課、田原支所の窓口で受付可能な場合もあります。詳しくはこちらのページをご覧ください。

国民健康保険料のペイジー口座振替受付サービス

平成29年4月、6月、8月の年金から特別徴収されている人は、10月以降も引き続き特別徴収させていただきます(保険料の減額、条件等により特別徴収できない場合は普通徴収となります) 。
対象外の人は、従来通り納付書または口座振替(国民健康保険料は原則口座振替)による支払いとなります。

お問い合わせ
健康福祉部 保険年金課
〒575-8501
大阪府四條畷市中野本町1番1号
電話:072-877-2121
電話:0743-71-0330