現在の位置

国民健康保険高齢受給者証について

高齢受給者証は、70歳から75歳になる誕生日の前日までの方に、加入している保険から交付されるものです。
高齢受給者証にはその世帯の所得の状況に応じて、負担割合が記載されています。
医療機関等で受診される場合は、国民健康保険被保険者証と高齢受給者証の両方を提示していただく必要があります。

高齢受給者証の適用開始日について

高齢受給者証は70歳の誕生日の翌月1日(1日が誕生日の方は当月1日)から使用できますので、70歳の誕生月中(1日が誕生日の方は前月中)に郵送させていただきます。なお交付に手続きは必要ありません。

自己負担割合について

70歳から75歳になる誕生日の前日までの方の自己負担割合は、法律上2割となっていますが、特例措置でこれまで1割負担とされていました。
平成26年度から、この特例措置が見直され、平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方から以下のとおり段階的に実施されます。

 

対象者 窓口での自己負担割合 高齢受給者証
の表記
平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方
 (誕生日が昭和19年4月2日以降の方)
窓口での負担割合 70歳の誕生月の翌月(1日が誕生日の方はその月)の診療から、窓口負担が2割 2割
平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方
 (誕生日が昭和19年4月1日までの方)
4月以降も1割 (平成26年3月2日~4月1日に70歳の誕生日を迎える方は、これまでの3割負担から1割負担) 2割
(特例措置により1割)
上記にかかわらず145万円以上の課税所得のある70~74歳の被保険者がいる世帯 3割 3割

なお、3割負担に該当する場合であっても、単独世帯で年収383万円未満の場合や、夫婦二人世帯等で年収520万円未満の場合は 申請により1割負担になります(夫婦であっても加入保険が違ったり、どちらかが70歳未満の場合は、単独世帯扱いになります)。

高額療養費について

1ヵ月の自己負担金が自己負担限度額を超えている場合に、超えている額が高額療養費として支給されます。

高額療養費の詳しい内容についてはこちら

医療費が高額になったとき(高額療養費と限度額適用認定証)

お問い合わせ
健康福祉部 保険年金課
〒575-8501
大阪府四條畷市中野本町1番1号
電話:072-877-2121
電話:0743-71-0330