現在の位置

国民健康保険料の計算例

(例)3人家族の場合

家族構成と平成28年中の所得

  • 夫 40歳(自営業) 2,000,000円
  • 妻 35歳(現在無職。前年までは会社員) 500,000円
  • 子 10歳(小学生) 0円

夫は申告書の所得金額。妻は源泉徴収票記載の給与所得控除後の金額。

夫・妻とも各種控除(扶養控除・社会保険料控除等)をする前の総所得額

医療分の国民健康保険料の計算

夫  [平成28年中の所得] (2,000,000円-330,000円)×8.39パーセント=[所得割額] 140,113円
妻  [平成28年中の所得]  (500,000円-330,000円)×8.39パーセント=[所得割額] 14,263円

世帯の所得割額

[夫の所得割額] 140,113円+[妻の所得割額] 14,263円=154,376円…A

均等割額

25,979円×[加入人数] 3人=[均等割額] 77,937円…B 

平等割額

18,669円…C

医療費分の国民健康保険料(年額)

A+B+C=250,982円…D

Dが54万円以上になるときは、54万円(限度額)となります。

後期高齢者支援金分の国民健康保険料の計算

夫  [平成28年中の所得] (2,000,000円-330,000円)×3.09パーセント=[所得割額] 51,603円
妻  [平成28年中の所得]  (500,000円-330,000円)×3.09パーセント=[所得割額] 5,253円

世帯の所得割額

[夫の所得割額] 51,603円+[妻の所得割額] 5,253円=56,856円…E

均等割額

9,498円×[加入人数] 3人=[均等割額] 28,494円…F

平等割額

6,825円…G

後期高齢者支援金分の国民健康保険料(年額)

E+F+G=92,175円…H

Hが19万円以上になるときは、19万円(限度額)となります。

介護分の国民健康保険料の計算(40歳以上、65歳未満の加入者が対象)

所得割額(平成28年中に所得のあった介護保険加入者全員をそれぞれに計算)

夫  [平成28年中の所得] (2,000,000円-330,000円)×2.78パーセント=[所得割額] 46,426円…I

均等割額

15,636円×[加入人数] 1人=[均等割額] 15,636円…J

介護分の国民健康保険料

I+J=62,062円…K

Kが16万円以上になるときは、16万円(限度額)となります。

平成29年度の国民健康保険料

年間の保険料

D+H+K=405,219円…L

1ヵ月あたりの保険料

L÷12ヵ月=33,768円

10回払いの月額

L÷10ヵ月=40,521円

端数は切捨てされますので、計算と実際の保険料額があわない場合があります。

国民健康保険料の計算へ戻る場合はこちら

国民健康保険料の計算

お問い合わせ
健康福祉部 保険年金課
〒575-8501
大阪府四條畷市中野本町1番1号
電話:072-877-2121
電話:0743-71-0330