現在の位置

市の財政状況(平成29年3月31日現在)

四條畷市財政事情の作成及び公表に関する条例第2条の規定に基づき、平成29年3月31日現在の財政状況をお知らせします。

予算執行状況

平成29年3月31日現在の一般会計の予算規模は、218億3,859万5千円(繰越明許費を含む)で、前年同期の211億4,086万1千円と比較すると、6億9,773万4千円の増となりました。

 3月末の収入済額は、188億8,847万円、収入率86.5%、前年同期の186億2,051万5千円、収入率88.1%と比較すると、収入済額は2億6,795万5千円の増、収入率では1.6%の減となりました。

 一方、支出済額は、178億6,724万2千円、支出率81.8%で前年同期の180億6,216万6千円、支出率85.4%と比較すると、支出済額は1億9,492万4千円の減、支出率でも3.6%の減となりました。

 

一般会計予算執行状況

 予算額 218億3859万5千円

歳入29年3月31日

歳出29年3月31日

 

 

特別会計予算執行状況

特別会計執行状況29年3月31日

 

 

 

市債の現在高

市債の現在高は、一般会計では153億539万1千円となり、前年同期の154億7,826万1千円と比較すると、1億7,287万円、1.1%の減となりました。市民1人当たりに換算すると27万3,618円で、前年同期の27万5,380円と比較すると、1,762円の減となりました。

 一方、特別会計の合計は、177億6,147万1千円で、前年同期の185億2,189万円と比較すると、7億6,041万9千円、4.1%の減となりました。市民1人当たりに換算すると31万7,526円で、前年同期の32万9,530円と比較すると、1万2,004円の減となりました。


 

市債の現在高

総計 330億6686万2千円

 

市債残高29年3月31日

 

 

 

財産の現在高

基金の現在高は、40億6,054万円(うち8億円は一般会計に一時貸付)で、前年同期の35億7,857万円(うち1,010万円は一般会計に長期貸付)と比較すると、4億8,197万円の増となりました。

 市民1人当たりに換算すると7万2,591円で、前年同期の6万3,668円と比較すると、8,923円の増となりました。 

市有財産の現在高は、建物が11万6,970平方メートルで、前年同期の11万7,676平方メートルから706平方メートルの減、用地は75万5,280平方メートルで、前年同期の75万3,410平方メートルから1,870平方メートルの増となりました。

 

 

財産の現在高
基金 建物 用地
基金:19億2046万4千円 建物:12万248平方メートル 用地:53万9340平方メートル(道路・河川等を除く)
40億6054万円 11万6970平方メートル

75万5280平方メートル

(道路・河川等を除く)

 

一時借入金の現在高

 

一時借入金の現在高
会計 借入金額 借入先
一般会計 なし

-

特別会計 なし -

 

公債費市民一人あたりの予算の使われ方

人口は平成29年3月31日現在の5万5937人による

市民一人あたりの予算の使われ方
民生費 教育費 公債費 総務費 土木費 衛生費 その他 合計
民生費 教育費 公債費 総務費 土木費 衛生費 その他  
16万8204円 5万3226円 4万7451円 4万5110円 2万9982円 2万8103円 1万8338円 39万414円

 

用語解説

市債 

学校や道路など多額の費用がかかる建設事業を行うとき、国・大阪府及び銀行などから資金を借ります。この借入金を“市債”といいます。市債は次年度以降にその施設などを利用する人も「借入金の償還」という形で税負担をするため、世代間の公平が図られます。  

一時借入金

会計年度中に一時的に収支の不均衡が生じ、収入を上回る支払が見込まれる場合に、その支払資金の不足を補うために借り入れる借入金のことです。   

お問い合わせ
総務部 財政課
〒575-8501
大阪府四條畷市中野本町1番1号
電話:072-877-2121
電話:0743-71-0330