現在の位置

婚姻歴のないひとり親家庭への寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します

平成29年7月1日から婚姻歴のないひとり親家庭の子育てを支援するため、ひとり親の婚姻歴の有無により、その子どもが不利益を被らないよう、寡婦(夫)控除をみなし適用して子育てに関連するサービスの利用料等の算出を行い、負担の公平化を図る事業を市独自に実施します。

1 事業内容

寡婦(夫)控除の適用を受けると、保育所の保育料やふれあい教室の利用料などが減額される場合があります。

なお、寡婦(夫)控除のみなし適用の認定を受けても、所得の状況により減額にならない場合があります。また、みなし適用のため、税法上の控除を受けることはできません。

【モデルケース】

 ひとり親世帯 母・子1人(3歳) 母の所得109万円(年収180万円)

 ≪離婚によるひとり親≫ 保育料:月額    0円(寡婦控除適用あり) 

 ≪非婚によるひとり親≫ 保育料:月額  3,550円(寡婦控除適用なし)


 非婚のひとり親に寡婦控除のみなし適用を実施した場合

 ≪非婚によるひとり親≫ 保育料:月額    0円(離婚によるひとり親と同額)

2 対象となる人

20歳未満の子を扶養する婚姻歴のないひとり親家庭で、税法上の「寡婦(夫)控除」が適用されない世帯のうち、所得計算の対象となる12月31日現在及び申請現在、次の1から3までのいずれかに該当している人が対象となります。ただし、事実婚状態にある場合や生活保護法における被保護者世帯は対象外となります。

  1. 婚姻歴がなく、また現在婚姻状態(事実婚を含む)にない母であり、生計を一にする20歳未満の子がいる人
  2. 1.であり、かつ20歳未満の子を税法上扶養しており、合計所得金額が500万円以下の人
  3. 婚姻歴がなく、また現在婚姻状態(事実婚を含む)にない父であり、生計を一にする20歳未満の子がおり、合計所得金額が500万円以下の人 

この場合の子は、総所得金額が38万円以下であり、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない場合に限ります。

3 控除額

寡婦(夫)控除のみなし適用における控除額

みなし適用の区分 寡婦控除 特別寡婦控除 寡夫控除
合計所得金額

500万円以下

住民税 26万円 30万円 26万円
所得税 27万円 35万円 27万円

前年の合計所得金額が125万円以下の人は住民税が非課税になります。

4 対象事業

対象事業、各事業の申請窓口は以下のとおりです。

ただし、各事業への申請は子ども室手当医療課で認定を受けてからになります。

寡婦(夫)控除みなし適用の対象事業一覧(PDF:137KB)

5 手続き方法

該当される人で対象事業を希望される場合は、子ども室手当医療課に適用申請書等の必要書類を提出してください。審査のうえ、認定の可否を申請者あてに通知します。

6 申請期間

平成29年6月1日から21日まで

7 申請時に必要なもの

1. 寡婦(夫)控除のみなし適用申請書

2. 未婚の母または父および子の戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)

3. 印鑑

4. 申請者の身分を確認するもの(運転免許証や健康保険証など)

≪注意事項など≫

申請書は申請窓口の子ども室手当医療課にあります。下記から申請書をダウンロードすることができます。

戸籍全部事項証明書は発行後1か月以内もので、母または父の出生から現在までの内容が記載されているものが必要となります。

平成29年1月1日現在で、四條畷市以外の市区町村でお住まいであった人は、申請時に別途、申請者の所得証明書(所得及び控除の明細に並びに扶養親族数が記載された発行後1か月以内のもの)が必要になります。

【様式第1号】四條畷市寡婦(夫)控除みなし適用申請書(PDF:123.1KB)

お問い合わせ
健康福祉部 子ども室手当医療課
〒575-8501
大阪府四條畷市中野本町1番1号
電話:072-877-2121
電話:0743-71-0330

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。